BiND 9 を使ってみた

2016.09.29

digitalstage のウェブ制作ソフト BiND 9 が発売されたので使ってみました。
前バージョンの 8 は、動作不良が酷く、新規インストールを度々要求されるなど、とても使えた代物ではなかったので、じっさいこの一年は使っていませんでしたし、バージョンアップはやめようと思っていました。
それを何故今更バージョンアップ版を購入したかというと、同社からのメールで、8 には動作が安定しない問題点がありユーザーに迷惑をかけたと率直に謝罪がされていたからです。
問題点をメーカーが理解して謝罪するなら、次のバージョンではそのようなことは先ず無いだろうと判断したわけです。
 
そのようなわけで、購入、インストール、旧自作サイトのインポート(8 は不安なので、7 からインポートしました)
それで現在ページの更新をしてみているというわけです。
依頼されて作ったサイトが変になってしまうと困るので、まず自分のサイトでテストとですが・・
 
これで更新アップロードが上手く行けば、後は大丈夫かな?・・と思っています。

IllustratorでIllustration

2015.05.25

久しぶりにAdobe Illustratorでイラストを描きました。
先月のことなのですが・・サムソナイトというスーツケースのデザイン公募があったので応募したわけです。
公募と言っても専門家の審査があるのではなく、Facebook上での人気投票です。私などはあまりSNSに熱心ではないので、友人には依頼しましたが投票数は大したことありません。

そんなわけでここは自分の好きなように描いてみようというわけで「日本を表現」という点だけを基本に制作してみました。
発想のもとは、浮世絵、錦絵あたりで、輪郭線のある平面的な構成にし、着物の柄や鎧などの細部に拘ってみました。
よくやるね・・なんて言われもしますが、こういうのを描いていて苦になることはほとんどありません。確かに目は疲れますから、それなりにストレスにもなるのでしょうが、どちらかと言うとのめり込むくらい好きな作業です。(笑
まあ、終わってみれば「当分やらない」とは思うんですけどね。

Artworksの「Illustration」のページに掲載したので、どうぞご覧になってください。

デジタルと手描き

2015.04.10

手描きで制作するよりデジタルの方が早く簡単に出来るのは当然です。もちろん何を作るのかによります。でも、その「早く簡単」ってのが難しい所。
実際の製作に関わったことがない人は、手描きの労力を10とすると、デジタルなら1か2くらいの労力で出来ちゃうと思っているようです。
「パソコンならパパっと出来ちゃうんでしょ」なんて簡単に言ってくれちゃう訳。
ところが実際にやってみれば分かるんですが、手描きと同じレベルの作品を作ろうと思ったら、8〜9の労力が必要なんです。

気まずくなったら困るから積極的に反論はしないようにしてますが、正当に評価してくれてこそ「お互いに気持ちよく仕事が出来る」ってものでしょう。
まあ、愚痴はここまで。

私がデザインの勉強をしていた頃も、パッケージデザイナーとして仕事をしていた頃も、パソコンのパの字もなかった時代だから、デザインはスケッチからカンプまで当然手描きでした。
アートの分野でも色々やりましたよ。水彩、油彩はもちろん、アクリル、カラーインク、マーカー、ペン、鉛筆、パステル、クレヨン、木炭、エアブラシ、木版画、エッチング、シルクスクリーン等々・・やったことがあるだけじゃなくて、画材もかなり持っていたから、それなりに描いていたんですよね。
日本画とリトグラフは機会がなかったけど、リトグラフは今でもやってみたいと思ってます。(笑

そのくらいやってると手描きの技法も充分に経験し理解した上で、デジタルでの制作ができるのだから、これはとても幸せだと思うわけです。

私にとっての Photo Art

2015.04.02

こういう加工を比較的容易に出来るのがデジタルの良さですが、それを否定する頑迷な無修正写真信奉者も居るには居ますね。
まあ「修正」と考えてしまうところが既に違うのです。これは作画・描画であって、創作活動なのですから。
何の加工もせずに素晴らしい写真は確かに沢山存在しますし、私はそれも全く否定しません。
一方であらゆる技を駆使して、自分の感覚を表現した写真作品があってもいいではないでしょうか。これは「創作」なんです。
元の写真が拙かったから修正するのではなく、写真を使った創作活動をしているのですから。

一般的な概念でデジカメとフィルムカメラの優劣を言うことは無意味だと思います。
デジタルかアナログかということは、素材(道具)としての特性以外は何の意味も持たないと私は考えています。どちらにも良さがあるのですから、それを活かして、利用して、創作し、表現し、鑑賞して楽しむこと・・それしか無いじゃありませんか。

このサイトでは、私の写真と PhotoArt 作品の紹介・販売をしています。撮影や注文制作も受け付けます。どうぞご相談ください。

Kuma Graphics スタート

2015.03.27

以前から写真を中心にしたサイトを作りたくて、kuma.graphics というドメインを昨年の5月に取得していました。
サイトを作るということは、それだけではなくて写真やグラフィックアートの仕事をという気持ちがあったわけですが、なかなかきっかけが作れなくて時がたってしまいました。
えほん村のマジョさんは30年来の友人で、この2年間ほど常勤でえほん村の仕事をしていましたが、今春から経営体制が変わり、成り行きで退職しました。
そんな訳で時間と精神的余裕ができ、経済的余裕がなくなりました。ここらで何とか稼がなくてはなりません。
この度ようやく Kuma Graphics(くまグラフィックス)のスタートと相成りました。
長年撮りためた写真と、この数年力を入れている PhotoArt 作品の紹介・販売。撮影や注文制作も受け付けます。デザインの依頼も含め柔軟に対応しますので、気軽にご相談ください。